~ セラピストの想い ~

 

~ セラピストになった想い ~

自身の体調不良をきっかけに、心身のバランスの大切さに気づき、ちょうどその頃、

導かれるように自然あふれる神秘の島バリに魅了され、


同時期にバリニーズが心身のバランスにいいことを知り

インドネシア最大規模を誇るバリエステ留学校

アビアンスパエステティックアカデミー

と出会いました。

 

 

療養の際、体調の回復を焦り、心まで元気がなくなる日々を経験し、

“体調が不調になったり、心が不調になることで、

自分と同じような思いをしているひとはたくさんいるはず・・・

不調になる前に、癒しや気づき・ケアという形で

心身の健康と、病気予防のために

セラピストとしてのサポートで、

少しでも役に立ちたい、手助けができたら・・・”

との強い思いを胸に抱き、インドネシアのバリ島にエステ留学しました。

 


太陽の光が降り注ぐ大自然豊かなバリ・・・温かく優しいバリの人たちに囲まれ、

笑顔に励まされ、元気や勇気をもらいました。

ときには悔しさや寂しさに涙し、また悦びと感動でも幾度も涙を流し、

バリエステの思想 ~ 心の豊かさ・その大切さ ~ を学びました。

本場の高度な技術を修得し、

インドネシア政府公認・アビアンスパエステティックアカデミーの

最高資格「 GOLD ABIAN」を取得。

帰国後、フランジパニ バリ スパをオープン。

現在に至ります。

バリでの 「 ひと ・ 出来事 ・ 感動 」 との出会いは心の宝物です

   ~ フランジパニ バリ スパのロゴの由来  ~


フランジパニは、「* 幸せを呼ぶ花 *」 「* 神々が宿る花 *」


花言葉は“ 気品・情熱・親愛 ” そして “ 陽だまり ”


そのフランジパニを包み込む大自然のバリの海・・・


海の波、そして縁起のいいバリの花「 ロータス 」をあらわします。


花言葉は“ やすらぎ・清らかな心・透明感 ”


2つのフランジパニが手を繫ぐように、一緒に寄り添っています。

“ひとりじゃないよ” と

ひととひとが支えあうように・・・


茶色がかった紫色は、大地と、神々が棲む島といわれる“バリ島の神秘”を

 

フランジパニ バリ スパのロゴは、


 * 自然との調和・ひととしてのバランス *


を意味しています。

        ~ 心からのおもてなし ~

お客様をお迎えしたその瞬間から、

そのお客様への癒しのことだけを考えるよう集中する

というセラピストとしてのモチベーションを常に心がけています。

「神々の島」 「地上最後の癒しの楽園」 といわれるバリ島

そこで育まれた感謝や思いやりの心を大切にするバリニーズと、

日本の、心からのおもてなし・温かい心づくし・・・

 

“ 一期一会 ”


(これから先、もしまた会える機会があるとしても)

こうして出会っているこの時間は

一生に一度のもの、だからこの一瞬を大切に思い、

今できる最高のおもてなしをしましょう

 

この思いを笑顔に込めて・・・

お客様お一人おひとりとの

ご縁・出会い・繋がりを大切にしています。

 ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 “ 心やすらぐバリニーズ ” で、輝ける明日へのエナジーチャージを・・・